WEB集客に必要な検索の仕組みを知ろう

2017年7月20日 by Posted in: 未分類

WEBを作る際にはデザインにとても凝る人も多いです。ですが、仕事を始めるうえで、折角立派なWEBサイトを作っても、見てくれる人がいなかったら意味がありません。YahooやGoogleなどを開いて、自身のWEBサイトのタイトルや関連するキーワードを入力してみましょう。2ページ目、3ページ目と探していっても全く出てきません。この場合、大抵すぐに見つかることはありません。検索に対して何も対策をしていないからです。WEBを制作する際に、どういった層に探してもらいたいのか、何のキーワードで検索すると自身のサイトが見つかるようになるのかを考えて作成する必要があります。そうするためには、WEB集客の仕組みが必要になります。

まずは、YAHOOやGoogleなどの検索エンジンでなるべく上位で1ページ以内で検索できるように、サイトを登録しておきましょう。始めはなかなか表示されないかもしれませんが、登録から数週間経過すると表示結果に出るようになります。Googleのウェブマスターツールを利用し、自身のサイトを追加します。後はGoogleの指示に従って操作をして完了すると、検索エンジンロボットがクロールしてくれるようになります。Yahooにもサイトを登録し、同じく指示に従って操作します。これで少しWEB集客対策らしくなってきましたが、但しこれだけではまだ上位ページに表示されるには対策が足りません。

自身のWEBサイトのソースにもタグを使ってキーワードを入力しておきましょう。タグのH1で検索してほしいキーワードをちりばめておきます。会社名、所在地、ジャンルなど重要なことを入力しておきます。TITLEタグも重要なキーワードを入れたタイトルにすることで、見つけやすくなります。YAHOOやGoogleで再度キーワードを入力してみると、表示結果のページが徐々に変わってくるはずです。さらにはブログ、twitterや facebookなどのSNSを活用して被リンクを集めることで、上位ページに表示されるのも難しくはありません。こうすることで、より理想的なWEB集客の実現に繋がります。お客さんは表示結果ページの1ページ目の上から順に探していく傾向にあるので、最初の1ページ目にさえ表示されれば多くのお客さんがランディングページを訪問してくれることになります。ここまでくれば、後は問い合わせが来るのを待つだけとなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>