WEB集客は反応を見て対応することが大切

2017年7月11日 by Posted in: 未分類

WEB集客を効率よく高める方法を知っていると、市場で自身(自社)のサービスを売りやすくなります。まったく何の知識や技術を持っていない状態と比較すると、明らかに大きな違いになって表れるとなれば、インターネットビジネスを行う上で【絶対に知っておくべき知識】だと言っても良いでしょう。

さて、具体的なWEB集客の方法についてですが、【市場の反応を見る技術を身に付けること】が必要です。たとえば、何らかの商品をインターネット上で販売するとして、その商品をどれだけの人が認識できたのかによって売れ行きは変わってきます。

もし、100人の人が商品を認識(WEBサイトに訪問)したとして、そのうち50人の人がサービスを購入(反応)したとすると、いわゆる「コンバージョン率」は50%と破格の数値になります。ただ、実際には5%~10%程度のコンバージョン率があれば比較的高い方と言えるので、100人がサイトに訪問した場合ならば5人~10人がサービスを購入してくれれば十分と言えます。

仮に100人当たり10人の購入者が生まれるとして、商品1つの価格が1万円ならば「月商10万円」です。幸い、インターネットビジネスは比較的運営コストが安いことが魅力の一つなので、この程度の月商でも利益を確保することはできるかもしれませんが、月商を増やしていかなければ安定した経営ができません。そこで、「もっと多くの人に訪問してもらう」ということを目的として、WEB集客に関する対策をするようになります。

より多くの人に訪問してもらうために大切なことは、「サービスの質が良いことを知らしめること」です。いかに優れたサービスであっても認知されなければ売れず、認知されたサービスの質が悪くても売れません。まずはサービスのクオリティを上げて購入者が満足できることが大前提ですが、それができている状態であれば「情報を発信すること」が重要です。

ここで例に挙げているような、「100人中50人の購入者が出る状態」ならば、何のマーケティングをしなくとも【口コミで人が集まる状態】になるでしょう。しかし、現実的にそれが厳しいとなれば、【とにかく多くの人の目に留まるようにする】ということが必要です。

参入する市場でどのようなニーズがあるのかを把握すると、そのニーズに対して的確にサービスを訴求しやすくなります。また、その訴求方法を他社と差別化することによって、より印象強くアピールできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>